昨日は仕事を休んで、裁判所へ最後の書類を出しに行ってきた。

夕方からママと一緒に食事に行く約束をしていたが、一緒に裁判所へ行ってランチにしないかと誘った。

どうせ、カービーを引き取りに行く日だったし、ランチでもディナーでも良かった。

裁判所へ一緒に行く事になり、11時に待ち合わせた。

ここで毎回駐車場がよく分からず、コインパーキングはやり方が分からないし、有料で裁判所の裏にある駐車場にいつも停めてる。今回もここで停めてから裏口から入った。1時間$3.戻ってきた時は切れる1分前だったから良かった。
って、言ってもオーバーしても誰もいないし先に販売機でパーキングチケットを買うんだけど追徴はどうやってくるんだろうか?

ま、そんな事はどうでもいいけど。

セキュリティーにお兄ちゃんが、やけに、にやにやしてて、私の番になって、全部荷物を出してジャケットも脱いでポケットの鍵も出して、通ろうとしたら「スプレー持ってない?」はぁ?って思って、「No」と答えてまた一歩踏み出そうとしたら、「じゃ、銃は?」って、笑顔で。ジムケリーみたいな顔して聞くから「持ってない!」って。爆

暇だったのかなぁ・・・。爆


で、ママと合流して、申請場所へ。私たちの前に4人いて、私たちの後は、数分後には長い列・・・・。良かった・・。


窓口はこんなに混んでいても2か所のみ。6か所位あったのに。アメリカってどこも窓口がこんな感じよ・・・。信じられない。前の男性二人は、この窓口のおばさんたちに、コテンパに言われてた。


私の番。名前を呼ばれるまでは絶対に窓口に近づかない事!!って何枚も紙が貼ってあるの。爆


辛抱強く待ちました。


右側の窓口の「ババア」は嫌だなと思ったらそっちから呼ばれた。チェッ!!


「要件は?」いきなり、喧嘩ごし・・・・。


もの凄い、このババアが意地悪だったの!!!!!!


「この書類の申請に来ました、公正して下さい」

パラパラ書類をめくる

「公正するページなんてないじゃない!!!」って、言い方が酷いの。

「一番後ろのポストイットが貼ってあるところです」この時点で私もイライラしてきて、声のトーンが落ちた。

他にも私がサインを必要とする場所にポストイットが貼ってあった。

「何なのよ、このポストイット!!こんなの貼って出さないで下さい!!!我慢できないわ!!」って、取り始めた。


これが間違いの元だった。勝手に取り始めて、分からなくしたのはあのババアのせい。


「じゃ、公正するから、先にサインしなさい」って・・・・・。これって、裁判所としてありえない行為だわ。


公正してから、サインをするから公正証書になるのにさ。


戸惑ってると、ママが「ここは、いつもこんなに忙しいのかしら?あなたも、大変ねぇ~~毎日」って、雰囲気を和ませる様な会話を持って行ったが 「そうよ。いつも、こんなに忙しいの」って不愛想。

その間にサインをしてたが、ポストイットで貼ってあった場所を取られてしまったから、いちいちめくらないと分からなくなってしまった。合計20枚位なんだけど、サインしてから渡すと、チェックもしないで公正の場所だけをめくってサインして、終わった。

「コピーして下さい」
「一枚25セントです」
「いいです。お願いします」


が、まだ残りの書類がたくさんあって、これを出すのかどうかが分からなかったから、これは出すんでしょうか?
どの書類が今後必要なのかも分からないから仲介人のおばさんに、全部出して、抜いてもらいなさい何が必要なのか。
って言われてたから、全部持って行っていた。

そして、それを伝えると

「知らないわよ。あなたの事でしょ。全部持ってるなら必要なんじゃないの?今日申請しますか?」

私も分からないから、聞いてるのに何その態度。頭に来て、どうしようか、考えてたら

「どっちなのよ!出すの出さないの!?」って。

ママが「今日、出しておいたら?」って、分からないなりに。爆


私もまた戻って来るのも面倒だし、どうせ、出して必要なければシュレッダーでもするだろうなと思って。


その中に、旦那のNavyの事についての書類がある

「今は、相手はNavyじゃないの?だったら、その証拠の書類を提出しないとダメよ」って言われて

何とかってサイトにアクセスして、プリントできるからそれも出しなさいと言われた。

幸いな事に反対側の事務所で出せるからと言われて、法律についての図書館があるので、そこに行くとすっごい丁寧な女性が助けてくれた。事情を説明すると、ここでプリントもできますから、どうぞって言われて。40セントでやってくれた。その後、この紙をまたあの受付に持って行くのかと思っていたら、ママも同じ事思ってたみたいで、

「これをどこかほかに提出するとか出来ないのかしら?またあの長い列と、「意地悪な受付に」戻るのも嫌だわ」

「判事か、コミッショナーに出せますよ。彼らのオフィスはここです」ってメモ紙に書いてくれた。

あのババアと比べたら天地の差。そして、そこへ出しに急いでいった。なぜなら、裁判所は11時半ごろから1時間か1時間半だか、ランチタイムでクローズしてしまうから。判事のオフィスは既にランチに入っていてクローズしてて、コミッショナーの方は受付の女性がまだいたから急いで中に入って事情を説明した。

この人も凄いいい人で、快く受けてやってくれた。

「あなたお名前は?」忘れたけど、メモにママは名前を書いてた。

お礼を言って出てきて、ママとランチへ。何で名前聞いたの?って聞いたら、あの人と受付の意地悪な人の事を裁判所のサイトの投稿欄に出してやるのよ!!!って。爆爆爆



もう、全て終わってこれで終わり!!!! ちょっと気持ちも楽になって、すっきり!!
ランチの時の会話も、今までの事や今後の事やあの男の事や色々話した。そして、ママの家にコピーのコピーをあの男に渡すのに、寄った。 


カービーはこの時点ではまだあの男の家で、お留守番中。そして、夕方、おやじにカービーを連れて行かせるからと。

だったら、ドックパークに持ってきてくれたら、お互いに真ん中だからとなった。


ドックパークへ行って直ぐに表れて、おやじとママも来た。


おやじ「Hi, 元気か? さっきの書類だけど、目を通したら、お前さんのサインがしてないのが1枚あったんだよ」

えぇええええええーーーーーー?! まじで???


気分も落ちて、がっくり。。。 また、行くのかよ・・・。

おやじ「これはコピーだけど、一応サインしておいてもらえるか?」って言われて、サインしたけど。

あのババアのせいだって、思ったけど今更言っても仕方ない。自分でもチェックしておけば良かったって・・・。
反省・・・・。


おやじ「まぁ、もしかしたら判事かコミッショナリーから電話があるかもしれないからそしたらまた行けばいい。ちょっと様子を見なさい。電話が無くてそのまま終わる可能性もあるからな」って、じゃ、サインの意味がないじゃん!!爆


全く、間抜けで私も自分で腹が立ったわ・・・。


話してる間はカービーは、超~~うれしそうに匂いを嗅いだり私に飛びついてきてた。友達のいるパークの中に早く入りたいって~~~ヒィヒィ~~言ってたわ。


はぁ~~~~ほんとムカつく。大体、こんなに書類があって、どうやって皆スムーズに進めてるのか・・・。多分、だから弁護士が必要なのかなぁ。


でも、同僚のペルー人の友達は、弁護士雇っていたけど、酷い話で、実は旦那が雇った弁護士を彼女につけて旦那の良いように手伝わせてたらしい。彼女も全く気が付かなくて、ってそれもおかしい話だけどね。お金は払わされたわ、自分に対してどうして不利な事ばかりアドバイスされるのか分からなかったって。。悪徳なのか彼女が無知だったのか・・・。
結局は、メキシコへ今は強制送還されたけど、いつまた不法侵入で戻って来るか分からないから怖いって。
で、やっと政府の援助の申請をしはじめた(弁護士にそれをすると、旦那が5年刑務所へここで行く事になる)って言われたから、出来なかったって・・・。なぜ?って単純に思うけど、彼女はメキシコに強制送還させたかったから、待ったって・・・。
接近禁止令も今は取れないって言われたらしい・・・。100%それはおかしいから!!ってアドバイスしたけど、彼女は弁護士さんを信じてたのよね。


アメリカで、色んな事に巻き込まれてる人が身近にいすぎて(爆)色んな話を聞けるのがいい経験だわ・・・。爆爆


帰るまでにすっきり終わりますように!!!!


おばあちゃん、神様、仏様。爆  早く、終われる様に助けてくれ~~~。墓参りの時にお礼にお花もお線香もお供えも高級な物持って行くからさ!!爆爆 神様は・・・・、1日1つ、いい事するからさ!!!爆


と言うわけで、すったもんだの日だった・・・。

























スポンサーサイト
2014.01.14 Tue l 旦那 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://utahutahsuzy.blog28.fc2.com/tb.php/632-ff34ad57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)