朗報が来たと言っても、単に旦那が口座のパスワードを教えてくれただけの話。爆


ママから携帯にメールが来て、息子がやっとパスワードを教えてくれて、確認したらまだ毎月軍からのDisabilityのチェックが自動で入金されていると。


後日、マンションのオーナーのキムに聞いたら、Jailに行っても貰い続けられるけど、Prisonに行ったらもうカットされて貰えないらしい。彼女は、大金持ちでもあるし、マリーンの退役軍人(相当ランクも上)でもあるし、ソルトレイクしティーの判事のライセンスも持っている。でも、私のこのケースは担当ではない。ママから頼まれたらしいが断ったらしい・・・。これも前のブログで言っていたコネクションの一人。彼女は完全に私サイドの見方。実は、ママの妹の叔母二人とキムは完全に私の見方で、離婚の書類も手伝ってくれたし、アドバイスもしてくれたし、毎月1回夕飯をママたちには内緒で食べに行っていた。そこで、私も色々相談して聞きたい事を教えてくれたりしてお世話になった。キムと旦那の担当の判事は知りあいでは無いので、分からないが、自分が担当だったら、こうするだろうと言う話をしてくれたり。最後の判決が出るまでアメリカに残るべきだと思うって言うんだけど、それがいつなのか分からないし・・・。


話し戻って、じゃあ、それで月々の支払いができる!!

「自分のお金は自分とカービーのために使いなさい」ってメールが来た。


良かったと思ったのも数日。あの意味は、早く独立しなさいって事か??

まだ夫婦で、離婚するとも話をしていないのに、旦那のこのお金はママがコントロールしはじめた。

何で??って思ったけど、言えなかった。私だって、あの口座から使いたいお金があるわけで、何でいちいち
ママに連絡しないといけないの?? 

私にとっては何の意味も無かった・・・。


日々の苦しい節約には更に拍車が掛かった。コンセントは全部抜くとかありとあらゆる節約をした。毎日ナイトスタンド1つで夜は過ごした。網戸全開にして寝たし、週末金曜日から日曜日の夜までお風呂は入らない。(汚い!!爆) 夏場だったからどうしても入りたい時は、早くすばやく。そして、洗濯も週末1回のみ。食事は非常食食べたり、2~3日同じ食事を食べたり・・・。ドックパーク以外はガソリン節約で、なるべく出かけない。買い物も最低必要減の物で激安スーパーはしごする・・・・などなどでしのいだ。


そんな中、入院した時の請求書が届き始めた・・・。


え?ただじゃないの??? まじで???? アメリカの健康保険入ってない人の請求書って本当に恐ろしいです。細かく、分かれてて、何科のなんの料金。同じような名前の箇所から何通も請求書が届いた。

$131、$430、金額はどんどん上がっていく。全部別の請求書。そのうちの幾らかじゃなくて。

頭が痛かった。爆 急いで、擁護人ののリサに電話して聞いたら、大丈夫よ、ポリスレポート(これは何に対しても必要で重要な物、1枚貰っておけば後はコピーをして色々後から使えるし必要になってくる)と犯罪被害者の紙があればそれを病院に送ればただになるからと言われた。


ただ、これも、また時間が掛かるし、紙・紙・紙の手続き・・・。

ポリスレポートは、擁護人のリサがくれるから会いに行った時に手に入れていた。後は、彼女がいい人で仕事の出来る人だったからだと思うけど、State of Utah, Utah office for victims of crimeの紙をProtective Orderを取りに行った時に来てくれて、これに記入なさいと言われた物。リサがFaxを翌日には送っていてくれたので、30日間位掛かる承認も割と早く手紙が届いた。これは、この犯罪に対しての私の補助金が出る。私が希望したのは、医療援助(今回の医療費全部)・歯・事件の影響で休んで給料が貰えなかった日の援助・メンタルヘルスケアー代・引越し費用代・窓ガラスやドアの修理代・家の中の掃除代(スワットチームの細粒弾の後始末)
後日、これらの分厚い書類が届いた。

医療費のは、まずドクターのサインを貰いに病院に行った。その紙を病院から直接Stateに送らないといけないから受付で事情を説明して頼んで送ってもらった。
そして、ユタ州から私のケースは全て承認されましたと言う紙が届き、それをコピーして今度は、病院から請求書の各部署へ送った。



すると、ピタッと請求書が来なくなった。




後は、まだ途中で裁判があるとその分の往復の交通費がもらえて、仕事を裁判のために休んだりしたら、また貰える。ただ、引越し代は、緊急性を考えて(ProtectiveOrderがあるから)3ヶ月間有効。それ以外は3年間有効。この先帰るまでに裁判で呼び出される事があるだろうから、今は貯めてる。



医療費の合計が、$8410.28で、私は保険に入っていないけどたまたま同じ系列の病院だったから、肺炎の時の割引プログラムが利いて、マイナス$2102.57引きになり、$6307.71だった。でも、州が払ってくれたので、私は1セントも出さないでよかった。うちわけが細かく書いていあるけど、部屋代が個室だったから$791.05ご一泊・・・。看護婦さんの入れ替わり立ち代りに来た回数と部屋の移動とかにやってくれた人やら私にかかわった人の数が27人(2日分で同じ人も何回か来てるのも入って)で、$1671.80だって。でも一番高いのがCTスキャン代とレントゲン代よね。ER代もその次に高いわ・・・。細かく書くのも面倒だから・・。自身の記録としては紙があるので。


7月28日は誕生日だった。カービーと二人でお祝い!!爆 親からカードが届いて数人の友達がメールをくれた。うれしかった。一人でケーキを作って食べました。爆

旦那の家族からは誰も。別に期待していない事。


ママとおやじはバケーション中だったから。


でも、後日、何もしてあげられなかったからと、食事に連れて行くからどこがいいか言ってごらんとお誘いがあり連れて行ってもらった。リーズナブルなブランチにした。


職場にママが現れて、チョコレートケーキの大きなコスコのだったけど、お皿も持ってきてくれて、保育園の子供たち皆と一緒に食べて祝ってもらった。カードも貰って、コスコのギフトカードが入っていた。


自分の誕生日には、あるデパートのギフトカードが溜まっていたのでそれで、服を買った。もらったギフトカードでは、冬用のジャケットが安く売っていたのでそれを買った。


ありがたい・・・って思って感謝しました。




続く・・・・・









スポンサーサイト
2013.12.01 Sun l 旦那 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

Re: タイトルなし
のんのさん

コメントお返事遅くなりました。
ありがとうございます!

早く帰りたいんだけど、一昨日また雲行きが怪しくなるような
連絡が来た。。。

壮絶だと思う。自分でも。爆
2013.12.21 Sat l Utahスージー. URL l 編集
こんにちわ。本当に辛いね。ママはどうしたいんだろう、やさしいのかどうなのかまったくもってわからない人だね。なんだか壮絶な生活で大変としかいいようがないです。ユタは冬は寒いもんね。はやく帰ってくることを願ってます。
2013.12.01 Sun l のんの. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://utahutahsuzy.blog28.fc2.com/tb.php/610-59a72033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)