7月に入り、とにかくこの先どうやっていけばいいのか全く分からず、誰に聞けばいいのかも分からなかった。

周りは、日本に帰ればいいじゃない?って言うけど、カービーは?離婚手続きは?家の処分は?あの男はこの後どうなるのか?色々頭をめぐった。

とりあえずは、がむしゃらに働いた。

そして、直面したのが支払い。私の給料でなんて何もカバー出来ない位少ない。旦那の軍から支給されていたお金で大きなお金はまわしていた。でも、そのお金がどこに入るのか、Jailに入った人には出るのかが分からなくて旦那のパラノイドされた頭でパスワードは年がら年中変更されていて私は途中でもう自分でやってくれとさじ投げて覚えてなかった。

とにかく、始めにつまずく事はお金でした。


Leagal Aidへ行ってから2週間位してから、手紙が来て裁判所へ行った。
夏だったが、ノースリーブは駄目と書いてあった。


時間になり、入り口でうろうろしてると、私の名前が呼ばれて、考えが変わってないかどうかを聞かれた。そして、裁判官がいる中に入った。何人も同じ事で待ってる人たちが自分の番が来るまで傍聴席に座っていた。

私もここに座って順番を待ちなさいと言われた。


座って直ぐに、私サイドの弁護士(私が雇ったわけではなく、代表としてやってる人?って言うのかな)が
「判事、先に、このケースの相手に話をしたいのですが、いいでしょうか?」
「どうぞ、じゃ、先にやりましょう」
と、別室へ行った。

しばらくして、戻ってきて今度は私の所にきた。 え?!私の事??

「今、あなたのご主人と話しをしてきたの。それで、あなたが離婚を考えてるかを聞いて欲しいと言ってるんだけど、あなたはどう思ってるの?」

私は、動揺した。

だって、旦那が来てるとは思ってなかったから。回りからは、ただ行って正式に受理しますって事で終わりだからって言われてたから。


何だか分からないけど、涙が出た。「どうする?あなたここに居たくないなら廊下で待ってることも出来るのから出ていますか?」と言われた。

と、同時にセキュリティーのおじさんが「出たほうがいいな。あの男は、今も会わせろ、話をさせてくれって騒いでる、ここであったら君に話しかけるだろう。」と言われて、判事も「どうしますか?」と聞いてきたので

出ることにした。外で待つこと10分。 彼は、Protective Orderに同意しました。と言われた。


その日から旦那は一切の連絡を私に対してはしてはいけない。第2・3者を通してもいけないことになってる。仕事場、車、もちろん今の家も一切接近禁止。距離も関係なく。


その話をあの男の親にした時には、リアクションは特に無かった。


その接近禁止令を取った後、毎日毎日、考えた・・・・・・・・。


ノートに書いて、色んな事を整理した。


その日は、裁判所から出て、今度はそのままYWCAへ向かった。Family Justice Center。擁護人のリサが、ここに行って今後の事を相談してごらんなさいと言われたので行ってみた。


ダウンタウンにあって、一角が子供を預かる施設とDVを経験して逃げて行き場の無い女性たちの施設があり隣にガンジーの銅像がある施設だった。ドアを開けて中に入り2階へ通された。どこも厳重なドアロック・・・。
しつこい執着心のある人がたまに尋ねて来るらしい。

そして、そこで事情を話し待合室へ通された。しばらくして、担当の女性が現れて、個室へ案内された。


今まであった事や、悩みや今後どうしたらいいのか。政府からの援助等は貰えるのか、シェルターの情報などを確認したかった事などをノートにまとめておいたので話した。


ところが、話し始めてしばらくすると、涙が出てきて先になかなか勧めなかった。感情のコントロールが出来なくなっていた。突然泣き始めてしまったり、すぐにまた平常心に戻ったりと・・・。

担当者の女性が、カウンセリングを受けてみますか? グループカウンセリングと個人のがあると言われた。どちらも無料だけど、個人のは10回迄でその後は有料になると。毎週火曜日の夜にやっていて今数人の人が参加してるからと言われて、グループカウンセリングの方が私はいいかもしれないと判断して後日行って見た。

でも、当日、嵐で一人だった。爆 話をしてみたが、しっくりこない。私には向いてない気がすると思ってそれきりにした。実は、私の周りで、2人、DVで離婚してる人がいる。どちらもアジア人。彼女たちに色々話の相談をしてるのもあったから、必要ないかと判断した。余談だけど、その後最近になって、もう一人仲良しの中南米の友達も同じ目にあって、今、真っ只中にいる。。。アメリカってこんなの多いわぁ・・・・しかも身近で友達と知り合いに3人も・・・。何でだろうか?


そして、話は今度は、私の住む場所のシェルターについて前もって情報を聞いておきたかった。何でも先手を打っておかないと、いつどうなるか分からないから。


私にはカービーがいて、離れたくないしあの男はその時点ではまだJailにいたけど、親の権限で家を追い出されたら住む場所が無いし、犬と一緒のアパートを探すとなると大変だしお金も掛かる・・・。犬と一緒にいれるシェルターがあるのか聞きたかった。

答えは、No. 

ただ、私はカービーが日々癒してくれると言うと、それだけで立派な理由でセラピードックになれますよ。シェルターは、1ヶ月間なら犬と一緒でもOK.この施設は、部屋のみ。後は全て共同。その間に自分でアパート等住む場所を見つけると。でも、1ヶ月なら意味が無い・・。それ以外は、月々$270支払って、2年間入れるシェルターがあった。そこはペットNG. そこは、個室で日本のワンルーム的なものだった。

いずれにせよ、最悪のケースはこの$270なら仕事もあるからとりあえずやっていけると思った。カービーは誰かに面倒見てもらって、一番いいのは、おばの家。いつも行って大きな庭もあるし、同じ犬好きで彼女も犬を飼っていて、カービート仲良し。通って世話する形にするなら、ここでもやれると思った。後は、ドックパークの友達の家も大きな庭があって、ドギードアーがある。ドアの下の方が四角く開いていてゴム製のぺらぺらした扉がついていて、犬が自由にそこを抜けて庭と家を行き来できる。この友達は一人暮らしで、一軒家に住んでいて一部屋あいてるから、いつでも来て良いからと言ってくれた。


そして、離婚手続きに関して。これは、毎週火曜日に予約制で離婚専門の弁護士が無料で相談に乗ってくれる。私も1度利用した。プラス、裁判所では毎月第1・3水曜日の6時から8時迄、弁護士になりたい学生とボランティアの弁護士が無料で相談にのってくれる。これも2回最近利用した。


後は、政府からの何かしらの援助が受けられるか。担当の女性は、受けられるかもしれないからやるだけやってみて下さいと。とりあえず、書類の紙はあるからと渡された。


Department Workfoce Servceと言う所へ10数ページの記入欄に書いて郵送した。後日面接があるからそこで相談にのってくれると。離婚経験者の友達たちが色々情報を教えてくれた。

30日以内に連絡がくる、先に手紙がきた。プロセスに2週間掛かる。そして、面接を受けて決まると・・・。
何でも時間の掛かるアメリカ。そして、紙・紙・紙・・・。

私は、医療・ファイナンシャル・フードスタンプの援助の申請をした。

数日してから、その援助を受ける人がもらえるカードが届いた・・・。クレジットカードみたいにプラスチックでVISAと書いてある。これに全て入金されてから、支払う時に使える。

やった!!これで、支払いの事とか何とかなる!!と、少し気が楽になった。離婚経験してこの援助を使った友達は、フードスタンプで大体$300くらい月に貰っていた。一人なら十分すぎる。


ところが、面接の前の電話インタビューの電話をしなさいとまた手紙が来た。まるで、就職活動並み・・・。


指定の時間に電話を入れた。


ぶっきらぼうの女がでた。


「電話インタビューの事なんですけど」

個人情報を聞かれた。そして、資格についての話になり

「あなたは、市民権?グリーンカード?」

「グリーンカードです」
「何年?」
「10年です」
「アメリカに何年滞在していますか?」
「今年の6月で4年になりました」
「4年?それでは、あなたは、この援助を受ける資格が無いです。グリーンカードの場合は5年目から出ないと
受けれませんので」
「残念だけど、それが基準だから。他の所へ聞いてみて下さい」と切られた・・・。


他のところって?? 何それ?? 仕事を見つけてアルバイトの時から税金払ったのに?? その税金の一部はこういう人たちのために使ってんでしょ?? 何で?? 


涙がボロボロ出てきた・・・。仕事前に電話したから、泣き顔のまま出勤した。

貯金は大事だ!!頑張って働こう!!と食いしばった。


とにかく、誰かと話す。情報収集を自分の足でする。無料の使える物はとことん利用した。



続く・・・・・・・・







スポンサーサイト
2013.11.28 Thu l 旦那 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

Re: タイトルなし
カーニャさん

ご無沙汰!元気?べびーちゃんはすくすく?
昨日やっとネットがつながったの。

これから仕事だから週末覗きに行くね。

コメントお返事遅くなってごめんね!
でも、ありがとう!!
2013.12.21 Sat l Utahスージー. URL l 編集
ご無沙汰しております。

裁判って 体力的/精神的にキツイですよね。
寒い時期に入ったし 体には十分気をつけてね。

グリーンカード5年以上じゃなきゃ 援助受けれないなんて...税金を払ってるんだから 貰う権利あるのにね。

本当 色々あったんだね。辛かったね。
全部の事が終わるまで 一安心出来ないと思いますが
お体には十分お気をつけ下さいませ!!
2013.11.29 Fri l カーニャ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://utahutahsuzy.blog28.fc2.com/tb.php/604-45d05595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)