アメリカ時間の月曜日の朝2時半に起床してシャワー浴びて、カービーの散歩行って自分の最終準備をしてコーヒーを入れて旦那を起こした。旦那も月曜日は朝の4時から昼の1時までのシフトを最近こなしてる。

朝も、慌ただしく・・・、なわけなく、旦那のスローなペースにイライラ・・・。間に合うか??

ま~空港は家から10分掛からないからいいんだけどね。5時半のフライトだったから3時半には家を出た。

空港まで見送ってくれて、出発。国内線は何事もなくサンフランシスコ空港でも遅れることもなく。

4時間半の乗り継ぎ時間、でも朝早すぎて店が開いて無い・・・。腹減った・・・・。数か所開いてたけど
朝から、メキシカンなんて食いたくないぁ。丁度私のゲートの近くのコーヒーショップが開いてたのでちょっと時間を見て行った。なぜなら、皆そこに集中してて、長い列・・・。

サンドイッチとコーヒーで$12!!高い!!爆爆 ま~しゃ~ない。そして、満腹になり、待ってるゲートのベンチでリュックを抱えて寝てました。爆 朝日で目が覚めたけど、2時間くらいぼけっとしたかな。

ユナイテッドだったんだけど、機種が違うと映画の画面が個々に席の前にあったり天井から小さなスクリーンが上にあったりと違うでしょ?今回は、皆で共通で見る天井からの。しかも、ヘッドセットも言わないとくれないみたいね。私のは無かった。でも、今回は疲れててウトウトと寝てばかりいた。

食事の時間・・・・・・・。人生最大の恐い体験をしたわ。

カートでフライトアテンドのおばちゃんが配り始めて私の席の前の前辺りで、急に乱気流に突っ込んだみたいでさ、その前にもちょっと揺れがあるなって思ったけど、この程度なら毎回あるなって思ってたら、いきなり
がつーーーーーん!!!と、左右に凄い勢いで揺れ始めたと思ったら、上下にも凄い揺れ始めてジェットコースターの激しい上下のアップダウンと左右に揺れるのがごちゃまぜになった感じ?
恐くて恐くて・・・。私はぎりぎりのチケットだったけど、一席だけ通路側が残ってて(必ず通路側に座る)後ろから4列目の真ん中の4人掛けの席。隣はインド人。前も後ろもインド人でターバン祭りだった。そして、臭いもちょっとね・・・。香水とスパイスの臭い。爆

トレーを倒して、それに掴まって身体をおさせてたわ。通路挟んだ右隣のおばちゃんも、恐い!!って私に話しかけてきて(日系人っぽかった)二人で大きな揺れがある度にワァ~って。

アナウンスで、しばらく乱気流を通るのでシートベルトをお付け下さいって、フライトアテンダントもサービスを中断して席に着くようにって。私の通路の担当の、浅香光代そっくりでデブで元気な白人のおばちゃん、私の通路側の右斜め前の3席のうち通路側が空席だった。そこに、どさっと座って雑誌を読んでたけど私が、恐がってたのを振り向いて見て、テーブルを叩いて「だ~~いじょうぶよ!!!こんなのしょっちゅうだから。直ぐに抜けるわよ。しにゃ~しないから!」って。爆爆爆WWW

安心させるために言ってくれたんだと思うんだけど、慣れてるからおばちゃんはいいだろうけどさ。
私は、恐かった・・・・。ほんと、落ちるかと思った。

そして、やっと抜けて、落ち着いて食事開始。で、また寝て・・・。

成田に到着して、1年ぶりだね。毎回、ちょっと驚くのがさ、普通な事なんだけど、あ、日本語がたくさん
聞こえる。爆 そして、皆おシャレ~~。私、飛行機乗る時はジャージと決めている。だって、空港でセキュリティー通るのにさ、ベルト取れ、ジャケット脱げ靴脱げとか面倒だからさ。


両替所で$200を円に。¥15000ちょっとにしかならず、まじで?!って・・・。円強し・・・。

そして、バスで茅ヶ崎駅まで行けるんだけど時間があわず、成田エクスプレスで帰宅。疲れと眠気が限界でエクスプレスの席でいびき描いて寝てた。爆爆爆 自分のいびきで起きました。


5時半位に実家にタクシーで到着。父が、待ち焦がれていた度満々で出てきた。

携帯が無いと公衆電話を探さないといけない。どこにあるかも分からないし面倒なため、疲れてたから直ぐにタクシーに乗った。父は電話が来て迎えに行くと思っていたから驚いてたけどね。笑

母も、うれしそうに出てきてくれた。

「お帰り!!」この言葉をこの家で聞くのもいいものだぁ。

旅館の人みたいに二人して荷物持ったりして、娘なのに凄い持て成しだ。爆


私はもう、へとへとだったが、近所の2歳のおちびさんとお母さんのKちゃんがいて「おかえり~~!!」って。毎日誰かがいる、実家。爆爆!!

そして、荷物を整理して、夕飯を一緒に。手伝うよと言うと、母も、うれしそうに、「いいよ、座ってな」って。お客様扱い(ま~これは初日だけだったけどね。爆爆)。でも、うれしいですね。


夕飯も終わり、喪服が着れるか?となり、試着。 

やばい!!!着れない!!立派な大きな身体になっていて最後に来た喪服の時より相当でかくなっていた。
翌日は通夜で4時に親族は集合だから、朝、買いに行く羽目に。爆!!

そして、両親に怒られたわぁ。やせなさい!!って、アメリカじゃ、痩せてる方?なんだけどな。。。爆WWW

父は、気がはっていたのかねぇ普通だったし、私が帰って来た事でうれしいのもあったのかもね。

買い物に行く前に、叔父の家(本家)に行ってお線香をあげにいった。

畳の部屋に通されて、顔を見たら?って言ってくれて棺の扉をあげて叔父さんの顔をみたら、またぼろぼろ涙が出ちゃってね・・・。遅くなったよ、ごめんね、色々お世話になりました。ありがとうね。って
お線香あげたよ。穏やかな顔してたねぇ。ゆっくり休んでねって。


お通夜がはじめるのは7時からでちょっと遅め。でも、よりによって通夜も告別式も雨。ま~おじさんの悔し涙かなって・・・。こんなに若くて逝っちゃうなんてさ。うちの父の家の方の中心で皆が頼ってたからね。いろんな町内やら消防の役員もしてたりさ、会社も経営して相談役になって会社は離れてたけど皆はおじさんの人柄で、たくさん知り合いがいた。それこそ葬式だって言うと私の父と仕切ってやったりしてた。親戚が多くてまとめ役だった。その中心の人が居ない。いなくなった。皆それはがっくりしてたわ。

通夜の時に、やっと従妹のお姉ちゃん達に会えた。アメリカ式になってしまったが、顔をお互いに見た時に、抱きついてしまった・・・。帰ってきてくれたの~!ありがとうね~!って。
3女が「私は、最後は喧嘩しちゃったの・・・それが最後だった」と泣きながら・・・2女「あんなに元気だったのにさ、どこも悪くなかったのに」と涙涙。
長女も「わざわざありがとう。お父さんも喜んでるよ遠いのにね」

私「最後くらい、一番お世話になったおじさんだもん。見送りたいよ。遠かったけどさ、後で叔父さんに請求書回すから」爆爆 と、笑いを入れた。おじさんはきっと湿っぽいのも好きじゃないでしょう。

私はお会計を父の従妹達とお手伝いした。式場では、叔父さんの好きだったお神輿の甚句が流れてた。茅ヶ崎の人らしいわ。茅ヶ崎には7月の海開きに、浜降祭と言うお祭りがあり、神輿を各神社が持っていて担いで海へ入る。はっぴを着て、お神輿を「ワッショイ、ワッショイ」ではなく、「どっこい、どっこい、どっこいこーりゃ」と甚句と神輿の脇についてるわっか?見たいのを叩いて、リズムをとって担ぐ。叔父も父も大好き。これを聞いてると、はぁ~茅ヶ崎だなって。


辛かったのは、告別式。最後のお別れの時、皆にお花を入れてもらって、家族・親戚・兄弟でお見送りの時。
係の人が、これで最後となりますので、お別れをどうぞって・・・。

あたしゃ~、もう、涙が止まらなくてね。ボロボロ出てきて、ハンカチなし。忘れたの。爆 
お花入れてお礼を言ってさ。ありがとうって・・・。感謝しかないわ。


そしてね、父を見たらね。ちょっと遠慮がちにね、花を入れて何も言わないで手をあわせていたが見えたの。

私「ちゃんと花入れた?」と顔を見ると、涙が眼に滲んでた。目頭をちょっと押さえてたのを見て、

私「お父さん、ちゃんと泣きたい時は泣きなよ。泣いたっていいじゃん」とハグをした。最近、私このハグが普通の生活になってきて、誰でもハグしちゃうの。爆爆

そしたら、父は、押し殺して気を張っていた感情が溢れたのでしょう、泣き始めた。家族も辛いけど、兄弟の一番大好きだった兄ちゃんを見送るにあたりしっかりしなきゃって思ってたけど、もう二度と会えない兄ちゃん。私の肩を貸して、しばらく、泣きじゃくっていた。

泣けばいいじゃん。泣いてあげなよ。叔父さんも泣いてるかもしれないけど、いつも笑わせてばかりいた叔父さんだし、笑って送ってあげようよと、父に言った。

父「ありがとう・・・。そうだな。」と一生懸命涙を止めようとしてた。

父「なかなか、涙が止まらないよ・・・」って。

はじめて、父のこんな感情を見て、いつも父は強い人だと思ったけどね、やっぱり悲しい時は誰も一緒だなって思ったわ。

お棺の蓋をして、霊柩車に乗せるのに担いで、お釜に入れて出てきたお骨をお箸で二人で取ってあげるのも、もう一つ下の弟とペアーで拾って入れてあげてた。


すべてが終わって、初七日もその日に済ませるので宴会。家族親戚友人の集まり。お通夜・お葬式にも300人位の人。宴会は60人位かな。

家に帰ってきてから、6時だけど9時頃の感覚。それくら、疲れた。父は、お通夜の夜は従妹達と酒を飲んで叔父さんの近くに居たから、寝て無いしで、昨日は7時半に私も寝てしまった。


とても、いいお葬式でした。帰ってきてよかった。

帰ってきてよかったと言う他の理由としては、私が今回帰って来なかったらきっと父は気分も落ちてたかなと。心配だったのもあったから、無理して帰ってきたかったのもある。

私がアメリカに行ってからは母と二人だけの生活。きっと、寂しさもあるだろうから、その隙間を埋めるのは
私だし、帰るだけで二人が喜ぶのもうれしい事だし、ちょっと張り合いも出るかなと。

今週はゆっくりして、居る間に出来る事をして、目標はバイト!!爆爆爆

短期でバイト探しして稼ぎたいな。本来は年末出発だったから、10・11・12月の直前までおこずかいを稼いで帰る予定だったからさ。

時差ボケも直らない・・・。朝2時3時に目が覚めてしまう。。。実は今も、朝3時に目が覚めて、眠れない・・・腹が減った・・・。爆 でも、台所でがたがたやると親も起きてしまうので、ブログを書いてみました。 


今日は、海に久しぶりに行ってみようかなぁ。って、思ったら台風!!爆
でも、姪っ子が昨日、週末は泊まりに行くって言うので午後学校が終わる頃に迎えに車で行く予定。

車の運転!!日本とアメリカ逆だけど、意外とすんなり対応出来たわ。ワイパーと方向指示機がたまに間違うけどね。ま~事故をしないように注意しますわ。


バイトーーーー。探ししよっと・・・。






スポンサーサイト
2012.10.19 Fri l 家族 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

Re: タイトルなし
カーニャさん

そうなの!まじで。あり得へんて!!凄い揺れ。
こんなの経験した事無いからほんと死ぬと思ったわ。
落ちるーーー!!ってまじで思ったもん・・・。

美味しい物たくさん食べてる~!!爆

カーニャさんも帰るよね?楽しみでしょ~?
2012.10.22 Mon l Utahスージー. URL l 編集
無事に着いてよかったー。
飛行機の揺れって 本当怖いですよね。
乗員さんが焦りだしたら ヤバいと思うようにして
なんとか 紛らわしてるけどね...

日本でも バイトするんだ。
偉いなー。あまり 無理しないようにね。
ご両親も スージーさんが 帰って来てくれて
心強かっただろうね。
従姉妹さん達も スージーさん居てくれて
嬉しかったでしょう。

美味しい日本食を いっぱ〜〜い
食べて来て下さいねっ♪
2012.10.20 Sat l カーニャ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://utahutahsuzy.blog28.fc2.com/tb.php/553-73c6a67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)