動物ねたが続くでぇ・・・。

去年の4月に安楽死をさせた旦那の犬のコッパー。私は半年くらいしか一緒にいれなかったけど、大事に面倒見て楽しく一緒に過ごさせてもらった。シェルターから旦那が子供の頃にもらってきて、推定14歳として、ストロークだったと思うけど、ある朝、急に脳に異変が起きておかしくなってしまい、悲しい選択をした。人生初の安楽死の選択は、未だによかったのか迷う所だけど、苦しみを与え続けるのもかわいそうだし、十分一緒にいれたからと大泣きしたのを思い出す。とってもいい子だったコッパー。私がここに来た頃、一時調子を崩して、全く食べなくなった。でも、至れり尽くせりして(笑)もりもり食べれる様になり年にしては、走りまわれるまで回復した。あの時は誰もが奇跡!!って思ってた。安楽死させてあげなさいって周りにはしつこいほど言われたけど、あの時はまだ平気、この子は生きたいって言ってる!!って、自分の中で感じた。勝手にだけどね・・・爆 でも、なんか感じたんだよねぇ・・・。
でも、あの朝は違った。コッパーも自分で何が起こってるのかわかってないみたいでヒーヒー言って助けてーーって言うのが伝わって、朝早かったけど旦那を起こして病院があく時間まで待って連れて行った。詳しく調べるなら大学動物病院行かないとって言われて、コストもかかるし、どうなるか分からないし・・・。
もう、右周りにしか歩かないし、右の目も口もよだれもたれてて明らかに脳に何かが起こったとしか思えないから決断した。辛かった・・・。

天国に見送ってから、10日後に、旦那とリビングでテレビを見てたらいつもいたコッパーの所からコッパーのにおいがしてきた。あ~~来た!!と思って旦那に言ったら俺には全く・・・羨ましいって。
仏壇を作って御花と線香は無いからお香をたいて水とえさを遺灰の両方においておいたから、最後の挨拶にきたみたい。

そして、去年のクリスマスに旦那のママが油絵をくれた。歴代の犬たちは油絵になってママの家の額に入ってる。コッパーもその一つの仲間に入れてくれた。

コッパー油絵
額は買ってあったんだけどどこに飾るかと飾る為の紐とかフックをまだ買ってなかった。昨日ようやく私が取り付けた。ベッドルームを選んだ。リビングでもよかったけど、ちょっと色合いとか大きさとか考えたらマッチしないので寝室の壁に飾った。ドアから正面に。なんだかとっても懐かしくて何度も見ちゃった。
スポンサーサイト
2011.03.09 Wed l アニマル l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://utahutahsuzy.blog28.fc2.com/tb.php/54-8468a8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)