もう、旦那の悪口しか出てこない!!怒


今朝、6時に起きて、シャワー入って、仕事行く準備してカービーをドックパークへ連れて行って、朝ごはん食べてから出勤。

前の日、私は10時半にはベットに入って眠りに落ちる寸前だった。立ち仕事の日だから結構疲れてる。

普通はさ、寝かせてくれるし、睡眠は妨害しないでしょ? 

私が見たいテレビがあったから、録画をしてた。旦那はまたパソコンに向かって何やらやっていたし、仕事だし速く寝たいから、先に寝ると言って寝室へ。

旦那「録画した番組みないのかよ!!」って・・・。

私「私は、明日仕事だから寝たい。朝も早いから」

旦那「どうせ、10時からだろ?何で朝早く起きるんだよ!!」って・・、ありえない言葉平気で投げてくるから。

毎回、同じ質問だから、無視してベットへ。


で、そのまま私は吸い込まれるように深い眠りに落ちそうだった時に、旦那が入ってきて

旦那「せっかく、録画してやったのに!」って顔に向って言うんだよ!!!耳栓してるけど、起きちゃった。


そっから、ぐちぐちいいだして、しまいには、


旦那「俺が仕事してるときは、給料はほとんど共同口座に入れてたんだぞ!!お前はなんだよ!!今調べたら
お前の口座に全部入れてるのかよ!!」

って・・・、夜中に。そんな話、普通、妻を起こしてまでもするか?!


眠さと睡眠妨害で、私もぶちきれた。


起き上がって

私「そんな話今、本気でしたいの!! スーパーの時はね、あんたが気が付いてないだけで、数100ドルしかもらってなかったけど、毎回$100は申し訳ないと思って入金してたんだよ!! さかのぼって、もういちど詳しく調べてみろ!!マンションの仕事の給料だって私が$100だけもらって後は共同口座に入れてたんだよ!!」 


翌日の朝、本気で調べてたらしくて、でも、分からなかったって。そんな暇があるなら、仕事探すなり勉強するなりしてくれれば、私だって気持ちが違うのにさ。


今朝は、やって欲しい事を紙に書いて出て行った。


カービーの散歩(最低でもやって欲しい事)・ゴミ箱をまとめて外に捨てる・郵便物取ってくる・猫のトイレの掃除・洗濯・床掃除


カービーの事は、やっぱり私が朝ドックパークへ連れて行ってよかった。行ってなくて私が帰ってきた夜8時になって、慌ててこれからキャニオンにハイキングに行くから一緒に行こうだって。

バカじゃないの?!最近はもう8時半頃になると暗くなってくる。涼しいし。大体、疲れて帰ってきてるのに、8時半にハイキングって? 

ゴミも、何もしてない。だから、私がやった。猫のトイレも私がやった。郵便物でさえも、近く、すぐそこなのにやらない。洗濯は、入れただけで乾燥機にもかけてない・・・。しかも、2回目の洗濯はかごに入ったまま。

床掃除なんてさらさらする気無いって感じ。


洗濯は、今私がやってる。掃除機は私が明日やる・・・。郵便も明日まとめて、前の家の分も取りに行く。

もう、ほんと、疲れた・・・。何もしてくれない。


でもね、これがママだったとするでしょ、率先してやるの。私は、やっぱり、愛されてないんだよね。ママの事は一生懸命やるんだよね。まじで。

僕がやるから、座ってろよ!!とか言うの。私には一度も無いね。逆だもん、お前がやればいいだろう?って。

私の順位は下の下。お手伝いさんが欲しかっただけだろう?って感じ。飯炊きして、家をきれいにして、外で働いて、金を入れてくる人が欲しかっただけじゃね?って思う。


私「じゃ、今日は何してたの?」

旦那「毎日うるせんだよ!!」

私「ドアに、貼ってあった、この人たち(旦那はいびきのCpapってやつを軍人の病院の治療の一部でやっていて、定期的に取り替えないといけない。データーも提出しないといけなくて、その人たちがアポイントをとって定期的来る)来たの9時だよ。どこに行ってたの?居なかったから、不在案内が挟まってたんでしょ?」


旦那「寝てた」

私「昼間でですか?」

旦那「いや、10時半頃かな~」って、絶対に嘘。


私、よせばいいのに、またがんがん言ってやった。その後にカービーを連れてドックパークへ。


旦那、家から飛び出てきて

旦那「その態度、絶対にゆるせねーからな!!!!」って。意味がわかんない。

私は、あの男の奴隷か!!って~の。


冗談じゃない。


実は、大喧嘩して、ママとおやじの前で旦那もいたけど、先日ぶちまけてしまった。家族が来てる時も、酷い態度だったし、こんな生活続けられません!!離婚したいです!!って。

旦那のその時の言葉「そんな事家族に話す事ないだろ!!!黙ってれば済む事だろ!!」だって。

その後、おやじは私の見方をしてくれた。その時に、旦那とおやじも大喧嘩に発展してしまって、危うく殴り合いまで行くかと思うほどになってしまった。私は全部、今までの事は話しておやじも呆れてきて、頭にきてしまったと。私に、かわいそうに、よく我慢してるよ。決断するときはしていいんだよって。爆

ママはと言うと・・・、建前は私。

でも、やっぱり、かわいい息子の見方。数日後にメールが私宛に来た。

「こんなスパイみたいな事聞きたくないけどね、その後「あなたの問題」は解決したの?こんな事、私の家族に知られたくないから」だって。

返事はしてない。

その後旦那との話し合いで、今も結局一緒にいるけど、事あるごとに喧嘩はある。状況も変らない・・・。

がっくりなのが、私の問題なんだって。息子はそんな子じゃないって思ってるんだって思うと、恐ろしい親子だなって。消して否定はしないのがアメリカ人の表現だけどさ、に、しても、息子さんは酷いから!!
完全に育て方間違ってるから。甘やかして、かわいがって育てたんだよ。愛いされて育ってないからこんな人間になったんだよ。何でもママがやって、面倒臭いことからは逃げて、立派な口叩いても、何も言わないから、それが普通だって思ってさ。世の中そんなの通用しないって、ぶちあっても気が付かない。ママの所に逃げるからね。
ママとおやじが死んだ後は、1人で生きていけないだろうね。。60歳近い男が何も出来ないって、想像したら寒気がする。

その後も何度かママとおやじには会ってるけどね。何事も無かったかのようにうわっつらだけ付き合ってる。

あの日の翌朝、直に旦那がママとおやじを誘って、朝ごはんを食べに行った。旦那がトイレに行った隙に、

ママ「で?どうするの?あなたの気持ちは?」だって。

私「とりあえずは」って、話題を変えた。


そして、食事が終わって、外に出て、旦那がおやじにハグして、ごめんなさいって謝ってたの。

ママ・・・、振り返って私を見て、ウィンクして、親指を立ててOK~ってうれしそうな顔。

ってかさ、おやじと旦那の関係の修復の方が大事みたいね。 呆れたって言うか、空を見上げて深呼吸してみた。

もう、いいかな~って。


病気になる前に、私も、決断!! 


カービーだけが心配だ。一緒に帰るにもきっと旦那は渡さないって言うだろうしね。

お金もこつこつ貯めないとなぁ。


今日は残業だったし、この仕事はじめてから一番忙しかった・・・。精神的にも体力的にも疲れた日。

明日が休みでよかった。






スポンサーサイト
2012.08.25 Sat l 旦那 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

Re: タイトルなし
妻様

ありがとう!!ブログのコメントじゃなくて
個人のメールにたくさん友達からもメールが来て心配かけてる・・・。

もーーー腹が立つでしょ~!!

どうして私と一緒にいたいのか意味が分からない。
さっさとあっちも、きってくれれば楽なのにって。


2012.08.26 Sun l Utahスージー. URL l 編集
Re: タイトルなし
tomotan

これさ~、アメリカ版の渡る世間は鬼ばかりに近いストーリーかな~?爆

ドラマにしてもらおうかな。きっと、盛り上がると思うよ。
実際の話だしね。爆爆

もう、ほんと、あの男にはうんざりです!!

うんうん、そうだよ!!息子ちゃんには、そうさせて!!
こんな男になったら大変だから!!犠牲者はもう、いらないないから。爆

2012.08.26 Sun l Utahスージー. URL l 編集
本当に涙が出そう、、。 もうがんばらなくて良いよ。病気になっちゃうよ。 きっと素晴らしい第2の人生があるから!もう決断にしているのなら悩むことないよ。よくがんばったね。カービーちゃんは日本につれて帰れるの? 旦那さん、ちゃんと面倒見てくれないよね? 誰か相談する人居るかな?
おっかあモ頭にくるな~なにが「あなたの問題」だよカッチン来るね!!
私ねえ息子は溺愛してるけど、何でも「練習」ってやらせてる。奥さんにやらせる男になってほしくないから。

 ひどい!疲れて帰ってきてるのに~~早く幸福になって~!!
2012.08.26 Sun l tomotan. URL l 編集
本気なら、とりあえずカービーを連れて帰る事を最優先で考えて、いろいろ調べた方がいいと思うわ。
日本に動物を連れて帰るのは、結構大変!
この間もブログの友達がロンドンから猫を連れて帰ってきたんだけど、動物病院で入国に必要なワクチンを接種して、“入国できるのはそれから半年後”と言われて、結局彼女だけロンドンにしばらく残ったんだもん。

帰っておいで。
日本の家族にもひどい所を見せるなんて、最低。
しかも生活はジゴロ状態。
ジゴロなら、彼女をもっと大事にしろよ!って感じだし。
私には彼に将来も愛情もないように見えるわ。
スージーちゃん、自分を大事にしてね。
誰も守ってくれなくて、心も体もぼろぼろでしょ。
2012.08.25 Sat l 愛されている妻. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://utahutahsuzy.blog28.fc2.com/tb.php/536-a593b61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)