土曜日、旦那は工具店でバイトで午後から9時まで!!午前中は中途半端な時間。でも使い方次第でどうにでもなるしね。

昼ちょっと前に、旦那・・・・

旦那「あ!! マンション行って、アルミ拾ってこよう!!」 爆爆爆!!!

昨日の夕方プールで遊んで、屋根の業者の大きな何トンか分からないけど巨大なダンプスターがずっと置いてあって、そこを旦那がよじ登って覗いたらアルミニウムがあった・・・。これはリサイクルショップに行くとお金になるからね。爆爆 

休日の過ごし方・・・。ダンプスターに手袋して、ホッカムリしてゴミの中にダイブ!!
そして、アルミを拾う・・・。どんな夫婦だよ!!!
貧しい人たちが毎日やってる光景をみるけど、自分がダイブするとは・・・。爆爆爆!!! 
さすがに、私もこの人マジで言ってんの?!って唖然としてしまった。

旦那「今から行って、お昼をどっかで食べたら俺もそのまま仕事いけるから!!」珍しく即行動・・・。

トラックに乗って、行ったけどさぁ~~~思ったより収穫無く・・・。爆爆 でも、ま~$10くらいにはなるだろうと・・。月曜日に私が朝リサイクルに持って行く予定。ソーダの空き缶と一緒にね。爆
その他に、電動のこぎりで枯れた大きな木を切ってもらいたくてそれも処理してもらった。

その後お昼を食べに行き、私がエイミーの仕事ぶりをずっと黙ってたけど、話の流れから、思い切って言ったら・・・・なんと・・・。

旦那「実はさ、木曜日の日に一緒にジムに行った時に、エイミーからお前の事で言われた事がある。彼女、仕事やる気全く無いみたいだよって言われたんだよ」

私「スミマセン??モウイチド?オネガイシマス?(旦那が知ってる日本語。爆爆)」
旦那「お前は、何もしないでぶらぶらしてるって」

ちょっと、私、口が開いたまま、思わず食べてたポテトが口から出そうになったわ。爆爆爆

旦那「でも、お前サイドから今こうやって話を聞き始めたら、あいつはやっぱり駄目だな・・・」

頭にきて、今までの事全部ぶちまけてみたわぁ。彼女のためにもこの収入で少しでも頑張って立ち直ってくれたらと思って助けてあげてたつもりだけどさ。ガソリン代だって、単純にマンションの往復だけならそんなに掛からないけど、毎回エイミーを朝ひろって送って、時にはドラックテスト、更生クラス、買い物、彼氏の家やらって連れて行ってあげててさ、仕事だって面倒なこと、ハードな事はやらないし。私はこんなのやらないよ~!!だって、重いもん~。芝刈りもアップダウンのあって岩がある変な場所が一番大変で、そこははじめから、こんな大変な場所は私はやりたくないから、やっておいて!!って・・・ちょっと動いて疲れた~。プール入ってたりさ・・・。

でも、私も悪いんだよね。ズバッとはっきり最初から言わないから。私も面倒で、もう、どうでもいいやって言われるがままにさせてたからさ。自分のせいでもあるんだよね。

旦那「エイミーとお前の話を聞いたって事を話して解決しよう」
私「え?!いいよ、だって、そんな事話して、普通にまた顔合わせて仕事するの無理」
旦那「分かってないなぁ、言えばきっとちゃんと働いてくれるだろう。これは誰にも言うなよ。実ははじめからキムはエイミーにこの仕事をして欲しくなかったんだよ。彼女の事を信用してないんだよ。ママと俺だけの話になってる。でも彼女も収入が必要だしクリーンを維持しないといけないしさって事でキムにお願いしたんだ・・・」

そんな経緯はあったとしても、お金上げてる以上やる事やってもらわないといけないからって事で
色々旦那と話し合ってて、私もストレスたまるけどさ、そのまま頑張ってもらって旦那が観察する事にした。
って言っても昼間は無理だから、仕事が終わってからの5時から数時間にした。昨日そのくらいの時間に行って、気温も下がってるし、朝に行くと上昇する一方だけど、夕方は気温が下がるから動きやすいって言うのも分かったしね。それに、旦那がいた方が、機械物の作業が手伝ってもらえるしメンテも出来るしさ。完璧主義な所がちょっとねぇ。ま~しばらくはさ・・・。で、旦那がエイミーの動きをチェックするって。一緒にやってた頃も、旦那は気が付いてて、歩くのがのろいし、作業が口ばかり(旦那も一緒だけどね。爆)ちょっと目を離すと携帯いじってるかどっかぶらぶらしてるしてたの見てたしね。もちろん注意してたよ。でも、そんな事してないよ!とかうるさい~!って。

でも8月下旬からカレッジに通う事になるからそれが夜間みたい。そうなると、きっと無理だし、カレッジまで毎日送りに行かないといけなくなるねぇ。笑
一番解決になるのは、私がびしっと言えばいいんだよね。毎回言うのが面倒なんだもん。

枝を3つ程、枝切りばさみで切って、「もう、無理~!疲れた~ドリンク取ってくる」って車に戻って10分くらい帰ってこない。車の中で携帯メールやってるし。3mくらいの距離の枯葉を熊手で集めて、今日はもう終わり!!疲れて、動けない。11時なら昼前で外に食べに行っても並ばないで済むから今行こう!!って準備してたり。この機械は重いからやらない!無理!農薬巻くのは楽だから率先して私がやる~!!って。
あとは、私が彼女の言う事を却下すると、エスカレートするの。こないだは、大きな木の枝を切ってたんだけど、枝切りバサミで彼女は一気に切って、ダンプスターに持っていくって言うけど、すでにダンプスターは満タンだから、細かく切って、手押し車に乗せて、隙間に押し込めば出来るから、大きいままをたくさんだど上にのせていくのにも大変だし、持って行くのも大変。そしたら、エイミー枝切りバサミをほっぽって、私はやらないよ。がんばって!!って歩いて行ったから、いいよ、私が1人でやるから他の事してって言ったけどさ。最終的には枝を持って行ってくれたけどさ。頭使えよ!!って感じ。
こんな調子で、毎回事あるごとに言うのが面倒になってきて、勝手にどうぞって放置してた。それで、私は何もやってないと・・・。人によって、見る目とか違うから仕方ないけどさ・・・。

で、さっき、マンションでの仕事を夜に変える事にした。旦那も手伝いたいからって携帯にメールしたら、私は夜はプランがあるから。って、たぶんカレッジの事だと思う。後で旦那にどうするか聞いて決める。彼女の中では皆の前では、キムの仕事は一時だけであんなの仕事じゃないから、カレッジ朝行って夕方からバイトするって言ってたけど、私には、逆で夜のクラスに行くから朝はここで働くって。爆 どっちが本当だか分からないけどさ。

私もすっとぼけて、英語が理解できてなかった事にしてみる。爆爆!!

ついでに、月曜日の子供たちをプールに連れて行くのもすっとぼけて、携帯にメールして
『月曜日の事で確認したいんだけど、マンションで合流でいいんだよね?何時ごろ行く予定?』ってメールしたら、『月曜日は家に子供たちと一緒にいる事にした。今日の夜と明日の昼間にプールに連れて行くから。聞いてくれてありがとう』だって。プランは変えたらしいわぁ。
迎えに来てって言われたら、トラックは3人のりで子供たちは乗せられないし、朝は屋根職人の人のために鍵を開けに行かないといけないから、行ったり来たりは無理って返事しようと思ってたから、よかったわぁ~~。でも、本当だしね。新しい仕事がはじまってから旦那は車を普段は使うことにして私はトラックになったからさ。現に毎日トラックでエイミー迎えに行ってるね。ま~とりあえず良かったわ。たぶん、私のメールで車が当てに出来ないと思ってプランを変更したんでしょう。

面倒くさいな~特に家族だから余計に一生付き合う羽目になるからさ・・・。


スポンサーサイト
2011.07.17 Sun l 旦那 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

Re: なるほど!
tomotan!!

持ってないですわぁ~。でも夜露死苦は使ってた~!!爆

2011.07.19 Tue l Utahスージー. URL l 編集
なるほど!
ああ!スカジャン!キンキラのね、背中に虎と竜がついてるのを沢尻エリカが着てたよね、ははは。

、、、、って、こら~~!! どんなイメージや!

似合いそうって笑っちゃったじゃないの!

さては持ってたな!夜露死苦~とか言ってなかった?
2011.07.18 Mon l Tomotan. URL l 編集
Re: タイトルなし
Tomotan!

エイミーは旦那の従妹なの。

スカジャンは、横須賀基地の前のどぶ板って通りとか回りにある
横須賀ジャンパーで、ヤンキーとか着てる。爆爆

背中がど派手な刺繍とかできらきらしてる生地とか。
似合いそう・・・・。爆爆





2011.07.17 Sun l Utahスージー. URL l 編集
Re: タイトルなし
ヒロちゃん

お久!
皆に怒られてる~~。爆爆
自分で読んでても腹が立ったわ。爆

がんばる!
2011.07.17 Sun l Utahスージー. URL l 編集
んん??最後家族だからってエイミーって家族だっけ?
スミマセン モウイチド オネガイシマス。 ぎゃは。

笑っちゃった。 ひどい女だね、そいつ。

ところでスカジャンってなにい~??
2011.07.17 Sun l Tomotan. URL l 編集
エイミー頑張ってると思ってたら大間違い。
スージーが上手く使われてるだけじゃないの!!
少しでも距離置いた方がいいよ。
2011.07.17 Sun l ヒロ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://utahutahsuzy.blog28.fc2.com/tb.php/215-ff395409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)